×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 2004年2月3日、会津大学・クイズ研究会部室にて『こいつらどうでしょうVSどうでしょうリスペクト・恵方巻早食い対決』が行われました。今回は、その一部始終をごらんいただきます。



 


 『どうでしょうリスペクト』とは、会津大学クイズ研究会のメンバーによって結成されているチームのこと。我々のように、サイコロの旅のような大がかりな企画は行わないものの、『会津三十三観音めぐり』『試験に出る福島県』など、過酷なロケを敢行している。
 主なメンバーは、会長さんと長澤さんの二人。
 会津大学クイズ研究会の会長さん。
 ハロー!プロジェクトのファン。
 同研究会のメンバー。格闘技ファン。面白いことを言う。徹夜すると本領を発揮する。

じゃぁ、ウチらも自己紹介しておきましょうか。



 

 前回(日本シリーズ企画)の牛丼早食い対決でデスブラックに完敗しているくせに、出所の知れない過信を持って登場。そして、このポーズ。何がしたかったんだ自分。 
 そして、ご存じミスター。説明不要。



 

 ともやとミスターはクイ研の部員でもなんでもないのですが、どういうわけだか部室に出入りするようになっていました。そして、『いつか対決したいねぇ〜』と話はしていたのでした。

 時は流れて今年1月、『こいつらどうでしょうVSどうでしょうリスペクト 七番勝負』の企画が立ったのであります。その七番勝負の前哨戦として、恵方巻早食い対決を行うに至ったのであります。