×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
 腹ごしらえも完了したところで、いよいよ長野に向けて本格的に移動開始です。名古屋から長野までは、

名古屋→中津川(岐阜県)→松本→長野

と、2回の乗り換えで、およそ6時間の道のり。遠い。遠すぎるよ長野。

 名古屋を出発して間もなく、車窓は田園風景に。いやー、のどかだ。天気もいいし、なんか「旅してるッ!」って気分ですねー。

 中津川で乗り換えて、いよいよ長野県に突入。いよいよ山深くなってきました。そんな中、上松駅で14分の待ち合わせ。

14分も!?

 あまりの暇さに耐えかねた乗客が、気分転換にとホームに降りていきます。ともやも、駅の写真撮影がてらに、ホームに降りてみました。いやー、山の空気はキレイでいいですね。

 松本駅で、2回目の乗り換え。時計はお昼を回って、いい具合にお腹も空いてきました。そんなときに、ミスターがそば屋を発見。やっぱり、長野に来たら、信州そばでしょう!
 ともやは天ぷらそば、ミスターは山菜そばを注文。待合いスペースで昼食となりました。我々以外にも、そばを食べる人が数名いました。
 あと、次の列車がもうすぐ来ますから。急いで食べないと!!

 もうそろそろ次の列車が来ますよ……な時になって、ミスターが

「ワールドカップ行ってくる」

……貴様は何が言いたいのかと小一(ry

 長野が近づいてくると、車窓からは長野盆地が一望できました。すっごいパノラマですよ。すげーすげーと写真を撮っていると、姨捨(おばすて)駅付近で列車が止まりました。あれっ、駅じゃないのに…と思ったら、バックし始めました。えっ、もしかして、これってスイッチバックですか!?

 何度かスイッチバックを繰り返しながら、列車は長野盆地へと落ちるように走っていきます。そして、スタート地点決定から17時間、ようやく長野駅へと到着したのであります。